企業?地域の皆様へ

企業?地域の皆様へ

企業?地域の皆様へ


企業?地域の皆様へのお知らせ

大學施設利用について

東京富士大學の施設は、本學の行事?授業及び課外活動に支障のない範囲で學外の方も利用できます。電話又はメールでの仮申込みが可能ですので、ご希望がございましたら各連絡先までお気軽にお問い合わせください。

施設使用申込書はこちらからダウンロードしてください

東京富士大學との産學連攜プログラム

東京富士大學との知の連攜を、ぜひご検討ください。

東京富士大學は、経営學に特化し、実踐的な知を結集した研究組織です。
専任教員は、企業経営?ベンチャービジネス?企業會計?稅務會計?租稅?マーケティング?ビジネス心理?イベント等の分野における専門家で構成されており、學界のみならず、産業界で活躍した豊富な人材を誇っております。
東京富士大學産學官連攜室が窓口となって、大學の知のリソースをコーディネートし、御社のニーズに応えることができます。

1. 共同研究の推進

御社の社員と東京富士大學の教員とが協力し、共通の課題についての研究を行うことにより、企業単獨では推進しきれないさまざまな研究成果を生み出す制度です。
経費や研究擔當者については、プロジェクトの目的や內容に応じて、両者の間で契約書を交わして決定します。
東京富士大學と産學連攜先企業との間では、「事業承継」「街づくり」といったテーマでの共同研究が行われています。
共同研究の結果生じた発明等の取扱いについては、事前に契約書を交して決定します。
(寫真?東京三協信用金庫との調印式 西京信用金庫との調印式)

2. 委託調査研究

御社が、東京富士大學に調査研究を委託することにより、その委託された調査研究成果を享受することのできる制度です。御社と東京富士大學との間で受託研究契約を結び、大學の教員が職務として調査研究を推進します。
調査研究に必要な経費を負擔していただくことが基本となりますが、シンクタンクや調査會社とも異なる、専門的見地からの調査分析成果を獲得することができます。
東京富士大學スタッフにより、共同研究から発展した「事業承継」をテーマとする調査プロジェクトが推進されたケースなどがあります。

3. セミナーや公開講座の共催

御社と東京富士大學とで協議し、共通の課題について講義したり、広く社會に問題提起したりするセミナーを企畫?運営?開催します。開催にあたっては、大學のセミナールームを利用できます。
経費や作業分擔等については、セミナーの目的や內容に応じて、両者の間で契約書を交して決定します。
「物語のある街?デザインフォーラム」(寫真?2011.2開催/東京商工會議所(新宿支部)?(株)全國商店街支援センター主催、東京富士大學?東京三協信用金庫共催)は、こうしたスキームから生まれたシンポジウムです。

4. 商品開発?地域開発等のプランニング

ヱヴァンゲリヲン 破:箱根補完プロジェクト 御社の商品の改良、新製品開発、プロモーションやブランド戦略に対する企畫提案、街づくりや地域開発に関する提案等を、東京富士大學に委託することができ ます。今日、大學発のアイデアがヒット商品につながるケースも増えています。大學生の柔軟な発想や、マーケティング専門ゼミなどを動員することも可能で す。
プロジェクトの內容?進め方?経費等については、両者の協議によって決定されます。
2010年度には、本學専門ゼミの企畫により、神奈川県?箱根町のモバイルスタンプラリーのイベントコース提案が採用?実施されました(寫真)。

5. 冠講座の開催

御社による講師の派遣や、本學に対する寄附支援の下に、本學の正規の授業講座を開設する制度です。
全15回(半期)、または全30回(通年)の講座開講が可能です。また、複數年にわたっての開講も歓迎いたします。講座名には、御社の社名が冠されます。
2010年9月より、東京稅理士會による寄附講座「経営特講 I(租稅実務入門)」(寫真)が開講されています。講師の中には、本學卒業生の稅理士の先生方もおり、學生に対して、現場の実務的な知の環流をしていただいております。
御社の社會貢獻の推進や、事業領域のPR、あるいは大學研究者や學生との交流による人間関係づくりのために、この冠講座制度をご検討ください。
(寫真?東京稅理士會 山川巽會長 初回寄附講座の様子)

6. 學術研究會主催の各種研究會への參加

東京富士大學學術研究會が主催する、各種のプロジェクト研究會に出席することができます。
2010年度は、稅務會計研究所時代から継続している「租稅判例等研究會」に加え、新興國やアジアにおけるビジネスを検討する「BOPビジネス研究會」、が開催され、研究者や學外の実務家、さらには院生?學生たちも含めて、活発な議論を展開させております。
本學の教室、會議室を使用し、平日の18時以降に開催されるケースがほとんどであるため、ビジネスマンの方々の參加が可能です。
もちろん參加費は無料です。

お問い合わせ

産學連攜についてのお問い合わせは、下記までよろしくお願いいたします。
東京富士大學 産學官連攜室?事業課
擔當 /渡邊?垣內
TEL: 03-3360-5050  FAX:03-3368-2354
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 高校教員の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 企業?地域の皆様へ
  • 在學生?教職員の方へ
精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线