學生生活

學生生活

奨學金制度

學內の奨學金制度

高田奨學生制度

本學では従來から奨學を目的とした高田奨學生(特待生)制度を設けています。
この制度は特待生特別入學試験の合格者、學業成績が優れている學生、課外活動において秀でた學生などが対象です。

東京富士大學奨學金制度

東京富士大學の奨學金制度は、3つのポイントがあります。1つ目は、返還不要。免除された學費は一切返還する必要がありません。2つ目は、最大で入學金以外全額免除。A特待は、入學金以外の學納金(授業料、施設料、教育充実費)を全額免除(減免額424萬円)となっています。3つ目は、奨學金制度は4年間継続。入學金以外の學納金免除額は、継続條件を満たしている限り4年間継続することが可能です。

學外奨學金

経済的理由により修學が困難な學生のために、學資を貸與する制度があります。本學では以下のような奨學金を取り扱っていますので、希望者は募集の學內掲示によく注意し、學務課が行なう説明會に必ず出席してください。

日本學生支援機構

1)貸與型奨學金
國家予算と奨學金からの返還金によって運営されている機関(舊名:日本育英會)で、成績が優秀で、経済的理由により修學困難な學生に、修學を奨勵することを目的として奨學金を貸與しています。
奨學金は大學?短期大學それぞれ下表の通り、第一種奨學金と第二種奨學金の2種類があります。
大學院第一種奨學金(無利子)のみ又は併用貸與第二種奨學金(有利子)のみ
學力大學等?大學院における成績が特に優れ、將來、研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められること。1.大學等?大學院における成績が優れ、將來、研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められること。

2.大學院における學修に意欲があり、學業を確実に修了できる見込みがあると認められること。
家 計本人及び配偶者の収入金額が日本學生支援機構の定める基準以下であること
貸與月額50,000円又は88,000円5萬円?8萬円?10萬円?13萬円?15萬円の中から選択
募集時期4月4月
學部
第一種奨學金(無利子)のみ又は併用貸與第二種奨學金(有利子)のみ
學力〈2020年度入學者(1年生)〉
1.高等學校又は専修學校高等課程最終2か年の成績の平均が3.5以上
2.上記1の基準を満たさない場合であっても、生計維持者の住民稅が非課稅
(市區町村民稅所得割額が0円)である者、生活保護受給世帯の者又は社會的養護を必要とする者(児童養護施設等入所者、里親による養育を受けている者等)であって、次のア又はイのいずれかに該當する者。
 ア. 特定の分野において、特に優れた資質能力を有し、特に優れた學習成績を修める見込みがあること。
 イ. 學修に意欲があり、特に優れた學習成績を修める見込みがあること。
3.高等學校卒業程度認定試験合格者であること。

〈2017?2018?2019年度入學者(2年生以上)〉
1.本人の屬する學部(科)の上位1/3以內であること。
2.上記1の基準を満たさない場合であっても、生計維持者の住民稅が非課稅(市區町村民稅所得割額が0円)である者、生活保護受給世帯の者又は社會的養護を必要とする者(児童養護施設等入所者、里親による養育を受けている者等)であって、次のア又はイのいずれかに該當する者。
 ア. 特定の分野において、特に優れた資質能力を有し、特に優れた學習成績を修める見込みがあること。
 イ. 學修に意欲があり、特に優れた學習成績を修める見込みがあること。

〈2016年度以前入學者(2年生以上)〉
本人の屬する學部(科)の上位1/3以內であること。
次の1~4のいずれかに該當すること。
1. 出身學校又は在籍する學校における成績が平均水準以上と認められること。
2. 特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められること。
3. 學修に意欲があり學業を確実に修了できる見込みがあると認められること。
4. 高等學校卒業程度認定試験合格者で、上記1~3のいずれかに準ずると認められること。
家 計本人及び配偶者の収入金額が日本學生支援機構の定める基準以下であること
貸與月額54,000円?40,000円?30,000円?20,000円(自宅)
64,000円?50,000円?40,000円?30,000円(自宅外)
20,000円
2萬円から12萬円の間で1萬円単位で額を選択できます。
募集時期4月4月
募集は、狀況により4月以外にもされる場合があります。その際には學內掲示で告知します。
家計の急変?災害等により學資に困った時は、緊急採用?応急採用がありますので、お問合せください。
2)給付型奨學金
高等教育の修學支援新制度が始まります。
制度の詳細は以下をご確認の上、學生支援課窓口までお越しください。
 
 獨立財団法人 日本學生支援機構 ホームページ
 修學支援制度 PDF

その他の奨學金

日本學生支援機構の奨學金以外にも、地方公共団體、民間育英団體、福祉団體が行なっている制度があります。 本學に募集依頼があった場合には學內掲示にて連絡します。 なお、各団體に直接出願する場合には、學長の推薦を必要とすることが多いので、早めに募集要項及び出願書類をとりそろえ、所定事項に記入の上、學務支援課へ申し出てください。
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 高校教員の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 企業?地域の皆様へ
  • 在學生?教職員の方へ
精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线