東京富士のPBL(Project Based Learning)

東京富士のPBL(Project Based Learning)

東京富士のPBL(Project Based Learning)

東京富士大學におけるPBL及び企業等連攜學習について

 東京富士大學ではこれまでに、企業やNPOとの連攜により、実務的な課題を教育素材としたPBL(プロジェクト學習)、開発、研究、イベント等を多數、推進してまいりました。本學が経営學単科であり、また交通アクセスの良い都市型大學であることから、産業界との連攜が生まれやすい環境にあるといえます。
 近年では、「プロフェッショナル?セミナー」科目を中心とした実務家による講義展開や、テレビ番組やアイスクリームショップを校內に招聘し、これらを學生の學びの場にしていく試みなどにもチャレンジしてまいりました。
 ここではその一例を紹介させて頂きます。

※PBL=Project Based Learningとは
 実世界に関する解決すべき複雑な問題や問いや仮説を、プロジェクトとして解決?検証していく學習のこと。學生の自己主導型の學習デザイン、教師のファシリテーションのもと、問題や問い、仮説などの立て方、問題解決に関する思考力や協働學習等の能力や態度を身につけることを狙いとしています。課題解決學習法(Problem-Solving-Learnin)の略とされることもあります。

■企業?NPOの方へ
 本學との産學官連攜により、経営課題解決や事業?商品開発、社會貢獻、採用活動などに繋げたいとお考えの方、ぜひ一度ご相談ください。共同研究、イベントの共催、プロジェクト講義、冠講座など、さまざまな連攜方法を協議の上、提案させて頂きます。

■高校の先生方へ
 貴校で、外部機関との連攜による総合學習や、ビジネスアイデア等の講義を組み立てられる際の參考材料としていただければ幸いです。また、詳細につきましては本學訪問擔當者にお申し付けいただければ、ご説明に伺うことも可能です。「高大連攜PBL」の推進も可能ですので、お気軽にご相談ください。

PBL/プロジェクト學習の事例

GMT企業訪問インタビュー(志プロジェクト) 2014~

●連攜先企業等=東京三協信用金庫、地元(新宿區?豊島區)企業44社、富士ゼロックス、弘久社
●推進母體=専門ゼミ合同
 ゼミ単位で地元優良企業を事前に研究し、経営者に直接インタビューのうえ、學んだ內容を「會社案內」としてまとめていきます。成果発表會や関東インカレ大會もあり、企業や他大學との交流も行いました。富士ゼロックスが全國事務局を擔當しています。

高田馬場ラーメンマップの制作 2015

●連攜先企業等=高田馬場地元42店舗、西武信用金庫、高田馬場新聞社
●推進母體=研究サークル「観光ビジネス研究塾」
 ラーメン激戦區である高田馬場のラーメン店42店舗を訪問?試食のうえ、コメント入りのマップを作成して印刷?配布しました。ラーメンの街としての新たな顔づくりを行い、來訪者の食べ歩きを促進する目的で実施したものです。

手塚キャラクター発想支援カードの開発 2015~16

●連攜先企業等=手塚プロダクション、西武信用金庫
●推進母體=研究サークル「ゲームビジネス研究塾」
 手塚治蟲作品に登場した40のキャラクターを使ったビジネスアイデア開発ツールの制作。手塚プロダクション監修のもと、ゲームビジネス研究塾と顧問教員によって考案され、基本設計、プロトタイプ制作、テストマーケティング、デザイン、地域企業?住民を集めたワークショップなどを実施しました。

カミサカエリア活性化プロジェクト 2017~

●連攜先企業等=さかえ通り?宮田商店會、新宿區産業振興課
●推進母體=研究サークル「地域活性研究塾」
 さかえ通りと宮田商店街併せた大學周辺エリア活性化を目指した取り組みです。これまでに店舗スタンプラリー、卓球イベントなどを開催したほか、地元ソングや散歩マップなどを作成しました。

手塚キャラクターを活用した高田馬場地域活性化提案 2017

●連攜先企業等=手塚プロダクション、西武信用金庫、地元企業19社
●推進母體=専門ゼミ(マーケティング論専攻)
 「高田馬場みやげをつくろう」という問題意識から、地元企業?店舗で販売できる手塚キャラクター商品を學生が考案。一部はプロトタイプを開発し、地域企業?店舗にプレゼンテーションしました。開発プロセスで地元商店にインタビューを実施し、地域の経済的な課題を把握することにも努めました。

新しい?ゆるスポーツ?の開発 2018

●連攜先企業等=一般社団法人 世界ゆるスポーツ協會
●推進母體=専門ゼミ(イベント専攻)
 學生による新しい?ゆるスポーツ?の開発を行いました。ダイバシティパーク(福祉イベント)にてゼミブースを構え、來場者に向けて実踐も行いました。

アイドルイベントの開催 2018

●連攜先企業等=ワロップ放送局、ノーメイク、さくらクールプロジェクトなど5社 "
●推進母體=専門ゼミ(イベント専攻)
 アイドルプロダクションへの出演交渉や、音響?照明會社との機材に関する交渉、イベントの企畫から制作、実施運営までを各種企業の協力のもと、學生が実施しました。

アイスクリームプロジェクト(ベンチャービジネス論?新事業創造論) 2019~

●連攜先企業等=㈱ジャスビコ
●推進母體=講義(専門科目)
 松本薫さんでお馴染みの「Darcy's」アイスクリーム事業を素材とした參加型講義を展開します。フェスティバル參加や大學祭での販売など、課外授業も組み込まれる予定です。

環境意識を高めるためのゲーム開発プロジェクト 2019~

●連攜先企業等=花王㈱
●推進母體=専門ゼミ(マーケティング論専攻)
 花王のESG部門で実施してきた「國際こども環境絵畫コンテスト」の入賞作を畫材に、小學生の環境意識を高めるためのゲーム?ワークショップを開発する予定です。

企業連攜型講義?実務家による講義の事例

流通?サービス業トレンド研究 2014~

●連攜先企業等=日経メディアプロモーション㈱
●推進母體=講義(自己開発科目)
 新聞(日経流通新聞)を自宅で購読した學生が、興味ある記事の切り抜きを行い、コメントを発表しながら進めていくワークショップ型の講義です。日本経済新聞社から講師(元新聞記者等)を招き、時事問題を議論する機會も頂きました。

イベント特講「オリンピック?パラリンピック學」 2015~

●連攜先企業等=シミズオクト、電通、NTT東日本など
●推進母體=公開授業(専門科目)
 東京オリンピック?パラリンピック競技大會組織委員會との連攜事業の一環として、一般の參加者も交えて開催しています。公開授業として、一般からの參加も受け付けています。

経営學特講「地域マネージメント」2016~

●連攜先企業等=手塚プロダクション、西武鉄道
●推進母體=講義(専門科目)
 地域ブランドビジネスの特性や「アトム通貨」など地域通貨の事例研究を踏まえ、高田馬場を題材とした地域デザインについて、フィールドワークをしながら學びます。ゲストスピーカーを呼び、コンテンツを活用した街づくりの事例紹介も頂きました。

中小企業論 2018~

●連攜先企業等=東京中小企業家同友會、都內中小企業12社
●推進母體=公開授業(専門科目)
 東京中小企業家同友會との連攜を基に、加盟する企業の役員(主に経営者)を講師に招き、経営內容や経験談を中心にした講演を通じて中小企業経営の実際を學びます。経営者との議論を通じて、學生の問題意識や目線を高めていくことができます。

経営學特講「現代の産業と企業戦略」 2018~

●連攜先企業等=資生堂、帝人、ファミリーマート、サムソンジャパン等
●推進母體=講義(専門科目)
 大手企業の経営に実際に攜わってきたリーダーを招聘し、「業界における競爭環境の変化」「企業組織」「職務內容」「必要な職務上の能力」などについて語ってもらいます。

プロフェッショナル?セミナー「地域づくり実踐論」 2018~

●連攜先企業等=神奈川県真鶴町
●推進母體=講義(専門科目)
 住民や企業と連攜して取り組んできた実踐から得られた「地域づくりの実際と現場の論理」を、真鶴町の現役職員から學びます。また、真鶴町現地への視察體験も行いました。

企業連攜型インターンシップ?職場実習の事例

イベント実習 2010~

●連攜先企業等=ニコニコ超會議、Tokyo Girls Collectionなど年間30社
●推進母體=専門ゼミ(イベント専攻)
 スポーツ、文化、ビジネス、セミナー等の多様なイベントの運営システムを學習し、現場見學、體験実習、総括までを行います。チームワークやリーダーシップ、業務完遂力を育成するプログラムです。

ザ?鉄腕インターンシップ 2017

●連攜先企業等=㈱日企
●推進母體=インターンシップ(自己開発科目)
 「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系放映中)におけるテレビ番組アシスタントディレクターの業務體験ができるインターンシップを実施しました。
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 高校教員の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 企業?地域の皆様へ
  • 在學生?教職員の方へ
精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线