東京富士大學プロフェッショナルカレッジ

東京富士大學プロフェッショナルカレッジ

東京富士大學プロフェッショナルカレッジ

東京富士大學プロフェッショナルカレッジとは?

【概要
 東京富士大學プロフェッショナルカレッジとは、主として社會人の方や、學び直しをしたい方、地域社會にご自身の経験を還元したいと考えている方に向けた學習の場です。
 東京富士大學で開講されている専門科目から指定教科(プロフェッショナル科目)を自由に選択し、受講できるプログラムとなっており、5科目(10単位)の単位を取得し、修了論文の審査に合格された方には履修証明書及び「事業支援アドバイザー」の資格を授與します。
 なお「東京富士大學プロフェッショナルカレッジ」は文部科學省認可の大學ではありませんが、學校教育法105條に基づく履修証明制度により、単位取得者には履修証明書を交付いたします。

【特徴
東京富士大學プロフェッショナルカレッジには、次のような特徴があります。

最新の経営學の學びを通じて、自らの専門分野を磨く
 東京富士大學は「実務IQ」をスローガンに掲げる経営學専門の単科大學であり、多くのプロフェッショナル講師による実踐的な講義が展開されています。大學教員(経営學研究者)のみならず、作家、広告クリエーター、地域プロデューサー、シンクタンク研究員、プロ棋士など、ユニークな講師陣を誇ります。
 自らの実務経験に経営學の最新知識を導入することで専門性を磨き、新たな人生のステージを築き上げたいと考える方に最適なプログラムです。
 本プログラムは、「最新の経営理論との出會い」「アドバイザー能力の養成」「豊かな人間性?文化力の形成」「企畫力?発想力の育成」「地域活性化の視點と方法論の理解」を目指す科目で構成されています。このうち5科目(10単位)の単位を取得し、修了論文の審査に合格された方には履修証明書及び「事業支援アドバイザー」の資格を授與します。
 認定後は、 東京富士大學経営學研究所客員研究員 としての登録(無料)が可能です。(客員研究員は専門分野によっては、次年度より特別講師として講義(年1回から2回)を依頼させて頂く場合がございます。)

 経営學に関する最新 知識とアドバイス能力を有し、次世代を擔う層への指導に対して熱意を持つ人物。資格取得者は東京富士大學経営學研究所研究員としてご登録頂いたうえで、次年度から東京富士大學専門科目における特別講師として講義(年1~2回程度)を依頼することがあります。

都心の便利なキャンパスで學ぶことができる
 東京富士大學が立地するのは、高田馬場駅から徒歩3分の便利な場所です。JR山手線だけでなく、東京メトロ東西線、西武新宿線の3路線を使用できます。
 大學近辺の早稲田通りやさかえ通りには安くて美味しい店舗も豊富であり、通學の利便性のみならず、校友との語らい、待ち合わせ、買い物などにも大変便利です。
 また本學は、日本テレビの人気番組「鉄腕DASH!!!」を通じて、新宿の自然環境再生に向けた施設提供を行っております。大學キャンパス內には寫真のような庭園が広がっており、授業の合間や放課後、晝休みなどに一息つくことができます。

異世代共學により、感性を磨くことができる
 社會人として得た経験と知識は、直接の後輩だけでなく、將來を擔う世代全般に伝え、それを高めてもらうことが大切です。そのためには、今の若者たちが何を考え、何を求めているか、何が足らないのかを知ることも肝要とで思います。
 東京富士大學プロフェッショナルカレッジでは、大學生と一緒に課題を考え、ディスカッションするアクティブラーニング型の講義が多數組み込まれています。
 こうした形態の學びは、異世代の気持ちや思考パターンを実感できるとともに、ご自身の気持ちを若返らせる貴重な経験になるはずです。

學びを通じて、新しい仲間を作ることができる
 受講者は月1回(予定)の「プロフェッショナルゼミ」(擔當教授1名が指導)に參加することができます。ここでは個人またはグループでの研究の推進、學習內容への相談、修了論文の指導、受講生相互の交流の場としても活用することができます。
 また、受講者交流會(年2回予定)への參加を通じて、教職員との交流や受講者同士の相互理解を深めることもできます。さらには大學サークルやビジネス研究塾、東京富士祭、ゼミ研究発表大會といった大學主催イベントへの參加も自由です。
 1年間の受講終了後は、東京富士大學経営學研究所研究員として継続在籍し、ご自身の興味あるテーマで「研究會」を主宰することも可能です。
 新たな學友づくりにより、関心世界が二倍にも三倍にも広がるはずです。

カリキュラム

東京富士大學経営學部(経営學科?イベントプロデュース學科)で開講される講義のうち、以下の5つのテーマに基づく科目を自由に選択し、履修できます。
 具體的には、次のような科目が開講予定です。
● 最新の経営理論との出會い
 「新事業創造論」「戦略営業論」「環境経営學」など
● アドバイザー能力の養成
 「リスクマネジメント論」「説得交渉學入門」「キャリアインタビュー」など
● 豊かな人間性?文化力の形成
 「人間學」「ふれあい囲碁」「將棋と日本文化」など
● 企畫力?発想力の育成
 「中小企業論」「イベントプロデュース」「ブランドマーケティング論」など
● 地域活性化の視點と方法論の理解
 「地域づくり実踐論」「地域マネジメント論」「観光イベント論」など

※以下にそのいくつかの科目をご紹介します。(若干、変更の可能性もあります)
※ここに記載した以外の専門科目についても履修可能です(擔當教員の許可が必要)。
※プロフェッショナルカレッジ受講生は、5科目(10単位)の単位を取得することが基本ですが、1科目から履修できる【科目等履修生(一般)】として入學することもできます。

1年の流れ?日課表(2022年度)

2022年度の學事日程は以下の予定です(変更の可能性もあります)。

?4月上旬 オリエンテーション
?4月中旬 春學期授業開始
?7月上旬 春學期授業終了
?7月中旬 春學期本試験
?9月下旬 秋學期授業開始
?1月中旬 秋學期授業終了
?1月下旬 秋學期本試験
?2月中旬 修了論文提出〆切
?2月下旬 修了論文発表會、資格授與式、交流パーティー

受講生ならではの特典

東京富士大學プロフェッショナルカレッジ受講生は、東京富士大學経営學部生?東京富士大學大學院生と同様の施設使用(教室、図書館、學食、學生ホール、中庭等)を含め、ご希望により、以下の特典を設けさせていただいております。

○ 受講者交流會への參加
○ 大學サークル、研究塾への參加
○ 大學祭、ゼミ発表大會への參加
○ 経営學研究所?研究員登録(審査あり)
○ 東京富士大學公開講座の無料受講

入學するには

2022年度入試 募集要項
①募集人員  プロフェッショナルカレッジ受講生本科:5名
②出願資格  
 次のいずれかに該當する者。
(1)日本の高等學校もしくは中等教育學校を卒業した者および2022年3 月卒業見込みの者。
(2)日本において通常の課程による 12 年の學校教育を修了した者および2022年3 月修了見込みの者。
(3)學校教育法施行規則第150 條の規程により高等學校を卒業した者と同等以上の學力があると認められる者および2022年3 月31 日までにこれに該當する見込みの者
③入試日程
  出願期間 :2022年2月 2日(水)~2022年2月8日(火)
  試験日  :2022年2月17日(木)※面接となります。
④ 入學検定料   10,000円
⑤ 出願書類
 1.入學志願書
 2.最終學校の成績証明書もしくは調査書
 3.身上調書
 4.志望理由書
 5.卒業証明書(東京富士大學?東京富士大學大學院?富士短期大學?東京富士大學短期大學部を卒 
   業?修了した方のみ)
 6.在學証明書(東京富士大學大學院在學中の方、特別聴講學生志願者の方のみ)
⑥ 入學手続き時の納付金額
 ? 入學金 10,000 円
 ? 授業料 150,000 円(5科目?10単位分)
 ? 年間納入額合計 160,000 円
   ※ 追加授業料 30,000円(1科目=2単位につき)
※科目等履修生(一般)を希望される場合は、以下となります。
 ? 入學金 10,000 円
 ? 授業料1科目(2単位)30,000 円
 ? 年間納入額合計 10,000 円+(30,000円×履修科目數)

◇ 入學金減免制度
 次の①?③に該當する場合は入學金が免除され、④に該當する場合は半額が免除されます。
①本學の正規學生であった者(卒業生等)が科目等履修生?特別聴講學生として入學する場合
②本學の大學院の正規學生が學部の科目等履修生?特別聴講學生となって履修する場合
③本學の科目等履修生が引き続き科目等履修生?特別聴講學生となって履修する場合
④富士短期大學及び東京富士大學短期大學部の正規學生であった者(卒業生等)が科目等履修生?特別聴講學生として入學する場合

お問合せ先
※カリキュラムに関すること
   東京富士大學経営學研究所  擔當 矢嶋
   TEL. 03-3362-8479
   E-mail fujilab@fuji.ac.jp
※入學手続きに関すること
   東京富士大學入試広報部   擔當 漆畑
   TEL. 03-3368-0351

お電話での受付時間?月~金 AM10:00~12:00,13:00~16:00

卒業生のご紹介!

これまでにプロフェッショナルカレッジで學ばれた方の橫顔をご紹介します。
須藤常好さん(66歳)
 地方自治體(公務員)勤務後、地域産業の構造転換を支援するための専門知識を獲得したいという目的で、プロフェッショナルカレッジ生に応募しました。
 春學期は週3回通學し、新事業創造論、時事問題、ブランドマーケティング、コンテンツビジネス論、ふれあい囲碁など、幅広い科目を受講されています。
 実務経験豊かな講師陣との本音トークや、學生たちとのディスカッションをいま、楽しんでいます。
「実踐的な知識はもちろん、作家やプロ棋士の先生から哲學を學ぶこともできて日々充実している。本講座は、ぜひ周囲にも薦めたい」という須藤さん。
和田 淳さん(65歳)
 都市開発コンサルタントとしてお仕事を続ける傍ら、週1回の通學で、ブランドマーケティング論、イベント戦略論、地域マネジメントなどを受講されています。
 これまで主としてハード面から地域開発に取り組んできたため、ソフト面での考え方やノウハウを獲得しようと、プロフェッショナルカレッジ生に応募しました。
 現在高田馬場地域を素材に、「地域活性化における大學の役割」をテーマとした論文も執筆中です。
「高田馬場地區は多様性と活力があり、大変面白くて刺激的。さまざまな大學関連プロジェクトにも參畫してみたい」という和田さん。
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 高校教員の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 企業?地域の皆様へ
  • 在學生?教職員の方へ
精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线